「2011年9月」に書かれた記事

CASIOのソーラー電波腕時計「OVERLAND(OVW-100BJ-3AJF)」を買いました。

CASIOのソーラー電波腕時計「OVERLAND(OVW-100BJ-3AJF)」

SWATCHにハマる

15年以上前、SWATCHにハマり、40本近く集めていました。
一気に40本買ったわけではなく、毎月数本買っていたら、いつの間にかそれくらになっていたのです。

1年くらい経ってから、電池が切れるものがでてきました。
最初は順番に電池を買って、入れ替えていってたのですが、結構本数があったので、全部入れ替えると電池代だけで2万円以上かかるようになり、徐々に止ったままになってきました。

そして機械式

その反動もあり、そこから機械式の時計にハマっていきました。
毎朝ネジを巻くだけで、もう電池切れの心配はありません。
いつでも使いたい時にネジを巻けば使えるのです。

しかし、1本だけ使っている時は何も問題ありませんでしたが、これも増えてくると全部面倒みれなくなってきました。

使おうと思うと、いつも止っている。
使っていて、気がつくと止っている。
止っているけど、とりあえず腕に巻いている。
腕に巻いてるけど、ぜんぜん違う時間を差している。

だんだん時計の役目を果たさなくなってきました。

ソーラー電波腕時計「OVERLAND(OVW-100BJ-3AJF)」

そんなわけで、ソーラー電波腕時計が気になるようになってきました。
使っていると充電されるし、時間を合わせなくてもいつでもピッタリ正確な時間。

そしてシンプルな見た目が気に入ったCASIOのソーラー電波腕時計「OVERLAND(OVW-100BJ-3AJF)」を買いました。

実際に持ってみると、もっと重い腕時計を使っていたこともあるせいか、意外と軽く感じました。
ボタンは2つしかないのですが、ライトの点灯やアラーム機能までついています。

OVERLAND(オーバーランド)「OVW-100BJ-3AJF」を点灯してみた

しかし、これが複雑。
今まで何本も腕時計を使ってきましたが、これほど操作の難しい機種は初めてです。

マニュアルを見ながらアラームを設定しましたが、本当に難しい。
電波式で時間合わせの必要がないから2つボタンになったのだと思いますが、そもそもアナログ時計を竜頭なしで、ボタンだけで時間設定するのは難しいです。

ボタン2つを長押しも組み合わせて操作するのですが、毎日使っていれば慣れるかもしれないけど、たまに設定するとわけがわからなくなりそうです。
そんな大げさな...と思われたら、マニュアルを見てください。

マニュアル
http://ftp.casio.co.jp/pub/manual/ww/qw3721.pdf

最後に

最初からアラーム機能はオマケくらいの気持ちで期待していなかったので、まぁいいかと思っていますが、もう一つボタンを増やしていれば、もっとシンプルな操作になって、アラームも実用的になっていたかもしれないと思うと、ちょっと残念です。
逆にあまり使われない機能なら、思い切ってなくてもよかったのではないかと思います。

時間を合わせなくても正確な時間がわかり、オートカレンダーで日付の調整もいらず、電池の交換もなしで、10気圧防水で暗いところでも使える。
これら時計として必要な機能を十分満たしているので、今は満足しています。