「2019年6月」に書かれた記事

ふと気がつけば、「Amadana Music のスピーカー内蔵レコードプレーヤー「SIBRECO」に物申す」から3年以上経っていました。

あれからもちょこちょこクラウドファンディングに支援していましたが、「クラウドファンディングに支援して手に入れたステキなものを紹介するシリーズ」の第4弾は「あの時過ごした時間が再び "回る"。Amadana Music CDプレーヤー」です。

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)の箱

「またAmadana Musicかよ!」「前回の『Amadana Music のスピーカー内蔵レコードプレーヤー「SIBRECO」に物申す』で懲りてないのか?」と言われてしまいそうですが、Amadana MusicのCDプレイヤーです。

まずは公式の動画を。

Amadana Music のレコードプレーヤー「SIBRECO」はなかなかよかったのですが、なんせレコードなので、「聴く!」と覚悟しないと、なかなか面倒くさいのです。いや、レコードのデカさ、手入れの面倒くささ、途中で裏返す面倒くささ、これらがイヤで80年代後半にレコードからCDに切り替えていったのです。

スッカリ忘れていましたが、いざ久しぶりにレコードを使い始めると、アジがあってよいのですが、この面倒くささがネックとなり、徐々に使う機会が減っていきました。

でも、今回の「Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)」(AM-PCD-101)は、文字通りCDプレイヤーです。静電気でパチパチなることもないし、いきなり3曲目を再生することもできるし、途中で裏返す必要もありません。便利〜!

まさに「人類の進歩と調和」を目の当たりにしたようであります。
万博ばんざい! 万博ばんざい!

これなら、使っていくはず。
と、思って申し込んだのが、2018年10月26日でした。
この時のお届け予定は2019年3月末でした。

1月25日に受付を終了し、あと2ヶ月か......と思っていました。

ところが、3月7日に「想定よりも予約の数が多かったので、製造に遅れが生じた。届くのは、5月中頃〜下旬頃の予定」と連絡が来ました。
クラウドファンディングの予定はほぼ守られることはないと思っているので「でしょうね」と思っていたのですが、これは荒れた。

商品発送日に関して | Amadana Music CDプレーヤー | Makuake」のコメントを読むと、結構ヒドいこと書かれてるけど、過去にはモノが届かないクラウドファンディングもあったし、1年以上遅れたものもあるので、2ヶ月の遅れくらいなら、まだ良い方じゃないかなぁ......

また遅れたら荒れるなぁ......と思ってハラハラしていたのですが、無事5月24日に届きました。

「Amadana Music CDプレーヤー」開封の儀

これは箱の裏側です。

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)の箱の裏側

レコードプレーヤー「SIBRECO」と比べると質素なパッケージになっていますが、これでよいと思います。

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)の同梱物

中に入っているのは、本体、電源ケーブル用USB Type Cケーブル(USB Type C←→USB)、取扱説明書、取扱説明書の正誤表の4つです。

ケーブルは短めなので、1mくらいのものを買い直そうかな?

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)

で、これが「Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)」の本体なのですが......

まぁ、悪くはない。悪くはないけど、元々Makuakeに載っていた写真がこちら......

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)公式サイトの写真

いや、木の色がぜんぜん違うやん!

こっちの方がカッコいいやん!

見た目100%、中身それなりの商品なのに、見た目が違うってどうなんよ?

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)の裏側

これが裏側の端子やらなんやら。

見た目が騙されたから、もうどうでもええような......

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)フタを開けた状態

フタを開けたところ。

レコードプレーヤー「SIBRECO」を持っているのでわかっていたけど、予想通りプラスチッキー。

まぁ、1万円ほどのCDプレイヤーなので、こんなものかもしれないけど、高級感は期待しないように。

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)CDを入れた状態

電源を入れる前にCDをセットしないといけない仕様なので、まずこのようにCDをセットします。

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)CDを回転させた状態

再生開始すると、当たり前だけどレコードとは比べ物にならないほどの超高速で回転します。 見ていると、指で触れたくなったり、ペンで色を塗りたくなります。なぜか。

でも、絶対やらないように...... やってみたい......

Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)のディスプレイ

左下にディスプレイがついていて、再生中の曲数や再生時間が表示されますが、フタをしめていたら、よく見えません。ついでに言うと、フタをしめていると、一時停止や停止などの操作ボタンも押せないです。

まぁ、頻繁に使うことない機能なので、ディスプレイも操作ボタンもフタを開けて使えばよいかと思います。

使ってみて

使ってみて感じたのは、不便ということ。

CDは10年以上前から音楽を聴くための媒体というより、パソコンやケータイ、音楽プレイヤーにデータを取り込むための「インストールディスク」、パソコンやケータイの音楽データが壊れた時の「バックアップメディア」として使っています。

ほとんど役目の終わってしまったCDをもう一度第一線で使うために購入したわけですが、やはり第一線に復帰させることは難しいかもしれません。

家には何百枚かのCDがありますが、整理されている状態ではなく、いろんなCDをまとめて箱に入れて収納しています。

ふと「あのCDを聴きたい...」と思ったとします。そのCDがどこにあるかわからないのです。「え〜っと、どこだっけ?」「この箱かな?」「ないなぁ...」となってしまうのです。

それがiPhoneなら、ミュージックアプリを立ち上げて、再生するまで10秒もかからないでしょう。

そうだった。大量にあるCDを使いやすくするために、CD → iTunes → iPod → iPhoneと切り替えていったのでした。

では、どうやってこの「Amadana Music CD プレーヤー / C.C.C.D.P.(シーシーシーディーピー)」を活用すればよいでしょうか?

「Amadana Music CDプレーヤー」の活用方法

iPhoneで苦手なところ、それはパラパラとアルバムを眺めて、聴きたいものを探すことがやりにくいことです。

それがCDだと楽しみながらできるのです。

CDのいっぱい入った箱をテキトーに一つ選びます。
箱を開けて、中のCDを順番に眺めていると「おっ、こんなCD持ってたな」「これ、長い間聴いてないなぁ〜」みたいな忘れていたCDと再会できるのです。

さらに、CDが手元にあるので、歌詞カードや解説もあるのです。
音楽を再生しながら、解説を読んだり、歌詞を追ったりする。これ、iPodを使い始めた頃から忘れていた音楽の聴き方です。

最近、BGMとして聞こえていた音楽を、久しぶりにジックリ音楽として聴くようになったのです。

まさに、あの時過ごした時間が再び回り始めたのです。

でもね......

ダメなところ

ここで終わったら「ええ話やで」で終了なのですが、実は手放しで喜べないのです。

まず、電源オンオフするたびにBluetoothのペアリングが必要。
スマホやタブレット、パソコン、カーナビ、ヘッドホン、スピーカーなど、いろんなBluetooth製品を使っていますが、いずれも最初はペアリングが必要です。でも、2回目以降に利用する時は電源を入れるだけでどれも繋がるのです。

でも、このCD プレーヤーは毎回「モード」ボタンを長押ししつつ、ヘッドホン側もペアリング状態にしないと繋がらないのです。そんなアホな!
何か使い方間違えてる? と思っているのですが、今のところ自動で繋がる方法がわからず......

まぁ、ここまでなら「クソ面倒くさい」と思いながら我慢できないこともない。我慢できないけど。

でも、もっと我慢できないことがあるのです。

ヘッドホンによって目立つ目立たないがあるのですが、電源を入れてから、電源を切るまでの間、ずっと「プルプルプルプルプルプルプルプル......」と音が聞こえるのです。
特にAirPodsで聴くと、かなり大きく聞こえ、プルプルプルプルうるさいんじゃ〜! と、音楽を聴いていられないレベルの大きさで聞こえます。

これ、何の音?
CDが回転してる時に何か接触しているのか? とも思ったのですが、CDが回転していない時もずっとプルプルプルプルプルプルプルプル......鳴ってるのです。

送ってこなかったクラウドファンディングより、モノが手元にあるだけまだええけど、いや、これ、使い物にならんわ。

ここまでを書き、ここにアップしようと思っていたのですが、同じような症状が出ている人がいたようで、Amadana Musicから交換の案内が5月30日に発表されました。

本日はご支援いただいた皆様に、お詫びとご連絡がございます。

2019年5月25日(土)にお届けしました amadana music CDプレーヤー[C.C.C.D.P.]につきまして、一部の商品に下記、不具合が発生していることが判明いたしました。

  • SPDIF(光デジタル出力)のサンプリングレート
  • 異音(ノイズ)
  • 音割れ
  • 音飛び

ご期待くださっている中、皆様のご期待に応えきれず、誠に申し訳ございません。

まずはご支援いただいた皆様に、心よりお詫び申し上げます。

つきましては、今回ご支援いただいたご希望のお客様に対し、対策品と無償交換させて頂きます。


お届け製品の不具合に関して | Amadana Music CDプレーヤー | Makuake」より

CDプレイヤーなんて30年以上前からあるものだし、安いモノなら1万円もしないで買えるものなので、今さら商品化するのに難しいことなんてないと思っていたけど、難しいものなのですね。

一応、交換の申込をしたけど、いつ不具合のないものが届くのか?
ちょっと不安ですが、まぁ、今すぐ絶対必要なモノでもないので、気長に待ってみようかと思っています。

なんせクラウドファンディングなのだから...... まぁ、こんなものでしょう。