「Amazon プライム・ビデオ」(年額3,900円の「Amazon プライム・ビデオ」で、年間100本の映画を観よう)でいつでも好きな時に映画が観られるようになりました。

そして、プロジェクター(EPSON「EH-TW6700W」を購入! 〜もうちょっとした映画館ですね〜)で、大画面で観られるようになりました。

さらに、サブウーファー(YAMAHAのサブウーファー「NS-SW050」を購入! これなしで映画は観られない)で、音も迫力がでてきました。

でも、まだ何かが足りない。

映画館にあって、足りないもの。
そう、それはポップコーンです。それも、キャラメルポップコーンです。

映画を観たい時、いつでも好きな時にキャラメルポップコーンを食べたい・・・

というわけで、ポップコーンポッパーを購入しました。

機械式のものもありますが、オイルとキャメルでベトベトになるので、メンテナンスのしやすいものとなると、このタイプのものがベストなのです。

ポップコーンポッパー

鍋にハンドル付きのフタがついています。

しっかりした作りですが、圧力鍋なんかと比べると、手作り感があります。

ポップコーンポッパーの中

中を開けると、底に回転する針金が見えています。

非常にシンプルな仕組みです。

ポップコーンポッパーのオマケ

オマケでついてきたのは、マッシュルームタイプの豆1kgと1リットルの牛乳パックみたいな箱に入ったキャメルフレーバーとココナッツオイル5袋と、英語のレシピ集です。

さっそくキャラメルポップコーンを作ってみたいと思います。

ポップコーン豆60g

まず、ポップコーン豆60gです。

ココナッツオイル60g

次にココナッツオイル60gです。

キャメルフレーバー90g

最後にキャメルフレーバー90gです。

いい匂いしてます。この段階で、ほんのり映画館の香りがしてきます。

キャラメルポップコーンの材料

全部をポップコーンポッパーに入れて、中火でクルクルとまわしていると・・・

ポンポン!といい音がしてきました。

タイミングがよくわからないのですが、焦げてしまうとイヤなので、適当なところで引き上げました。

ポップコーンポッパーで作ったキャラメルポップコーン

できました!

食べてみると、映画館で食べるキャラメルポップコーンとほぼ同じです。ちょっと焦げたのか、若干苦みを感じましたが、美味しいです。
100点満点なら90点くらいかな?

まだはじけていない豆がいくつかありましたが、ほんのり苦みを感じたので、もう少し火力を弱くして、ゆっくり火にかけた方がよいのかもしれません。

映画館のポップコーンで言えば、Sサイズよりちょっと少なめな量ですが、これくらいで十分です。

映画を1本観るのにちょうどいいサイズと言えるでしょう。

使った後も、バラして丸洗いすると、綺麗になったので、メンテナンスも簡単です。

ちょっと高いけど、いつでも好きな時に好きな量だけポップコーンを食べられるので、大満足です。映画が好きな人にオススメです。

現在、ヘッドホンはSONYの「MDR-XB950BT」(ワイヤレスステレオヘッドセット「MDR-XB950BT」音楽にも映画にもオススメ!)を使っています。 「BASS BOOST」ボタンを押すと低音が強調されて、映画も迫力満点で気に入っているのですが、耳全体をスッポリ覆うオーバーイヤー型のため、暑くなってくると汗ビッ・・・

BtoB(Business to business)、つまり対企業のウェブマーケティングに関して、最近仕事で勉強する必要があり、わかりやすい本はないかと探していたところ、「BtoBウェブマーケティングの新しい教科書」(渥美 英紀)を見つけました。 著者の渥美英紀さんの本は2、3年前にも読んだことがあります。 「BtoB・・・

最近、自由に使える時間がなかなかなく、気がつけば2017年1月31日に「「ビッグ・アイズ」1960年代の女性の立場ってこんなに弱かったの?」を更新したのが最後になっていました。 本当はもっと早く出したかったのですが、1ヶ月遅れで「2016年12月、1ヶ月で32回更新してみた結果」のその後です。・・・