今回は「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」です。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

Amazonの説明がこちら。

1960年代のアメリカ。両親の離婚にショックを受けた16歳のフランク・アバグネイルJr.は、単身ニューヨークへ。やがて、お金に困って"小切手詐欺"を思い付く。その天才的な頭脳とチャーミングな魅力で、巧みにパイロットになりすました彼は、偽造小切手を切っては全米各地を豪遊。ところが、FBIの敏腕捜査官カール・ハンラティが犯人逮捕に乗り出し、世界を股にかけた二人の長い"追いかけっこ"が始まった!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビデオで」より

1960年代のアメリカが舞台の映画。
レオナルド・ディカプリオ演じる天才詐欺師のフランクと、彼を追うトム・ハンクス演じるFBIの敏腕捜査官カールの話です。

評判がよかったので期待しすぎたのかな?
それほど楽しめませんでした。

詐欺師を描いた映画って、確かに「スゴい」「よくこんなに上手く人を騙せるな」と関心はするのですが、人を騙すことが嫌いだからか、観ていて共感できないのです。

最初にフランクが捕まっていることがわかるシーンから始まるので、最終的に捕まるんだなと思って観ていると、あまりハラハラドキドキもしませんでした。

ちなみにこの映画は実話が元になっていて、フランクも実在するそうです。

映画の最後に後日談があるけど、これがええ話なのか、う〜ん・・・

一年の最初に読む本は京極夏彦の本と決めて、数年前までは毎年、年明けは京極夏彦の本から読んでいました。 最近は京極夏彦の本に読みたいものがなかったので、このルールを守っていなかったのですが、今年は「虚実妖怪百物語」と「書楼弔堂 炎昼」があったので、久しぶりに京極夏彦からスタートすることにしました。 というわけで、「虚実妖・・・

「何でも形から入る人、ダイエットするなら「fitbit alta」がいいかも。」で「fitbit alta」を紹介しました。 気に入って使っているのですが、唯一不満を感じるのがベルトです。 軽量化、薄型化のために採用されたと思うのですが、独特の留め具となっています。写真の上に見える2本のピンを穴に差し込むのですが、これ・・・

今回は「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」です。 Amazonの説明はこちら。 業界トップシェアを誇るバーケット&ランドル(B&R)社のCEO、ハワードと新進気鋭のエクイクロム社のCEO、ティックは、日頃から犬猿の仲で、常に互いの動向を注視していた。そんな折り、エクイクロム社は、B&R社が画期的新製品を開・・・

今回は「ワイルド・スピード MAX」です。 Amazonの説明がこちら。 オリジナルキャストのヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーがミシェル・ロドリゲスとジョーダナ・ブリュースターと再び顔を揃えた『ワイルド・スピード』シリーズの究極編! 「ワイルド・スピード MAX (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビ・・・