Amazonビデオ」で観た映画、今回は「ビッグ・アイズ」です。

ビッグ・アイズ

まずは予告編から。

最初に「実話を元にしてる」と字幕で出たのを見て嫌な予感がしたら、やっぱりか!
また詐欺師の話でした。

しかし詐欺師の話、多いなぁ〜
最近観た詐欺師の映画は「詐欺師の映画って共感できない「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」」「「アイ・アム・キューブリック!」人はこんなに簡単に騙されてしまうのか?」「「フィリップ、きみを愛してる!」実話ベースの詐欺師の話って人気あるのかな?」で、これで4本目です。

たった50年ほど前なのに、1960年代の女性の立場ってこんなものだったのでしょうか。仕事がなかったら離婚できないとか、女性の画家は売れないとか。

正直、マーガレットの不器用で要領の悪いところを見ているとちょっとイライラさせられたりもしたけど、当時の女性ってこんな感じだったのかもしれませんね。

でも、こういうことを経たからこそ、70年代のウーマンリブとかにつながっていくのでしょう。

ティム・バートンの映画って現実と夢の狭間のような感じがするけど、この映画はそれが希薄でした。

詐欺師のウォルター・キーン役のクリストフ・ヴァルツの演技がすばらしく、見ているとムカムカするような表情をするのです。それを観るためにも、この映画は観るべきでしょう。

「Amazonビデオ」で観た映画、今回は「アラベスク」です。 Amazonの説明はこちら。 アラベスクの謎はひろがる・・・。恋とサスペンスがおりなす華麗な興奮! ハンサムな古代言語学者ボロック教授(グレゴリー・ペック)のもとに、アラブ系富豪から象形文字の街道が依頼される。怪しげなアラブ美女(ソフィア・ローレン)に翻弄・・・

映画を選ぶ時、Amazonの説明を参考にするのですが、実際に観てみるとイメージしていたものと違うことがたまにあります。 「Amazonビデオ」で観た映画、今回の「フラッシュバック」もその一つです。 まずはAmazonの説明を。 ひとりのハリウッド・スターの過去に隠された、残酷な事件の真実が明かになっていく――。 ジョー・・・